やっと緊急事態宣言が福岡県でも解除されることとなり、幾分ほっとしています。行動自粛の期間中は民泊の宿泊者はほとんどなくなく、このような状態がいつまで続くのか心配していましたが、ようやく復興への兆しがみえてきました。もちろんコロナウイルスの脅威は収まっていませんので、今後もソーシャルディスタンスを意識することになります。

一時は完全停止に近い民泊業界でしたが、同業者の皆様もなんとか持ちこたえてこれたでしょうか?今回のことがきっかけでリモートワークも導入する企業も増えていくことでしょう。弊社は開業当初からオフィスを構えることもなく、事務部門は完全リモートワークでした。そのおかげでこの度も事務所の家賃といった固定費から解放され、スタッフへの休業補償以外では大きな出費もなく助かっています。これもインターネットの発展が成し遂げてきた功績だとも言えます。

このようなわけで弊社もコロナショックに打ち負かされることなく、元気いっぱいに業務を続けていけています。民泊業界の皆さま、関連業界の皆さま、こんな時だからこそ引き続き業務を通してお手伝いできることを感謝いたします。