昨年12月に福岡市の民泊に関する条例が制定され、正式に民泊事業を始めることができるようになりました。民泊を始めるに当たって色々と満たさなければならない要件があるのですが、実際に民泊事業をすることによって入ってくる収入を考えると、条例の定める要件を守ってもいいのかなと思います。

ニュースなどではネガティブな報道がなされることが多いようですが、実際に始めている人はかなり儲かっているようです。不動産物件を持っている人は、通常の賃貸で貸すより4~5倍の収入があることもあるようです。もちろん、運営していくに当たっては、面倒なこともありますが、それでもやっただけの収入があるというのは魅力的です。

民泊オーナーの悩みは、宿泊客が退出したあとの掃除や備品の補充などです。なにしろ普通の賃貸物件では必要のない作業ですので、面倒ではあります。ただ世の中はうまくできたもので、需要があれば供給もあります。部屋の清掃や備品の補充などの管理は専門業者に丸投げしてしまえば、まーるく解決してしまいます。もちろん委託料はかかりますが、何にもしなくても収入があるというのは、民泊オーナー様にとってもかなり魅力的な話しだと思います。

Follow me!