民泊新法で民泊営業日数が年間180日に限定されたことは、予想されていたこととは言え、かなりの衝撃でした。それに合わせAirbnbも年間180日の予約を越えた場合、サイトに表示されなくなるとの声明が出され、民泊ホストとしてはやりにくくなってきました。

とは言え、民泊新法の適用を受けない簡易宿所の登録をしてしまえば180日の制限はないのですが、Airbnbの表示はどうなるのでしょうか?現在問い合わせ中で今のところ明確な回答は得られていませんが、どちらにしても対策を打っておいたほうが良いかもしれません。

Airbnbが有名だからといって、民泊サイトはエアビーだけではありません。台湾系のAsiaYo、シンガポール系のAgoda、中国系の自在客途家などがあります。もともと日本はアジアからのゲストが多いので、これらのアジア系のサイトに登録することによって、集客を増やすことも可能です。ただオーバーブッキングにはくれぐれもご注意ください。

Follow me!