今更ながらではありますが、民泊大手のAirbnbについて書いてみます。Airbnbはエアービーアンドビーと読み、ネットで様々な宿泊施設の予約ができるサイトです。Airbnbといえばアパートやマンションの一室を借りたりホームステイしたりする民泊が真っ先に思いつきますが、今年の2月5日に開催されたスーパーボウルに出演したレディ・ガガがAirbnbを通して一泊10,000ドルでヒューストンにある豪邸をレンタルしたことがニュースになりました。当日のレートでいうと日本円にして115万円以上ですから、ちょっと塑像を絶してしまいます。

身近な所で言えば、アパートやマンションのオーナーが空き部屋を民泊施設として貸し出すのが主流です。ホスト(部屋を提供する人)はベッドやテレビや冷蔵庫など滞在に必要な物に加え、ゲスト(部屋を借りる人)が快適に過ごせるように様々な備品を備えて部屋を貸し出します。地域や部屋のタイプにもよりますが、通常の方法で賃貸として貸すのと比べて4~5倍くらいの収入になるケースもあるようです。これもホストの腕の見せ所でしょう。

もちろんすべての業務をホストが行う必要はありません。最近では民泊運営の代行業者が多くありますので、まるごと委託してしまうという手もあります。備品の調達から運営まですべてを業者に任せた場合、運営会社によりますがだいたい手数料が利益の50%ほどですから、それでも通常の賃貸で部屋を貸すより儲けが多く出てきます。何もしなくも高利が期待できることから、不動産物件を持て余している不動産オーナーが注目しています。

2017年は民泊の認知度も上がりブームが到来します。そのため少しでも早めに手を打っておくことが成功の秘訣です。弊社も民泊ホストのサポート事業を行っています。福岡市で民泊を始められる際にはお気軽にお問い合わせください。>>> お問い合わせフォーム

Follow me!